JR和歌山駅西口より徒歩3分

和歌山県和歌山市美園町5丁目3-1雑村ビル2階D

073-425-7370 完全予約制

休診日
日曜 / 祝日 / 水曜午後 / 土曜午前
受付時間
午前:9時~12時 / 午後:14時~20時

膝の痛みに運動をする前に知っておきたいこと

膝の痛みのために今までできていた運動をあきらめてしまうことがあります。

しかし、テレビや本では『膝の痛みを運動で改善する』という内容も見られます。

これは『運動』の意味が違うので勘違いして、ひざに負担をかける運動をしてしまうと逆効果です。

今回は、膝の痛みに対して運動をする際に気を付けたいことをご紹介いたします。

膝の痛み,運動

ひざの痛みに対してどんな運動をするのか

運動というと歩くとか走るなどを想像する方もいらっしゃいますが、ひざの痛みなのでそうはなりません。

基本は、ひざの負担を減らすために太ももの筋肉を強化することです。

そのため、太ももを持ち上げての筋トレや膝の下にタオルを置いて押しつぶすようなことをします。
それに合わせて膝の動きを良くするストレッチも行います。

筋肉のこわばりによって関節の動かせる範囲が狭くなると、しゃがむなどの膝を深く曲げる動作がしにくくなります。

筋トレとストレッチがひざの痛みには有効です。

≪注意≫
ただし、炎症が起きているときは運動は中止するか慎重に行う必要があります。

水が溜まっていたり、熱を持っていたり、安静にしていてもズキズキと痛むときは負担をかけすぎると悪化する恐れがあります。

この時期は軽い運動でも痛みが後で強くなったりすることがあります。

病院で診察をしていただいてから医師の指示に従ってください。

膝の痛み,運動

膝の運動をする前に「筋肉と関節」のチェック

運動をする前にやっておいた方が良いことがあります。

それは、筋肉の小さなコリのチェックです。

この筋肉のコリが原因で関節の痛みを感じることもあります。

これを放置していると、運動をして筋力をつけても膝の痛みはなかなか良くなりません。

また、少しの関節の噛み合わせの狂いで膝が痛むこともあります。

筋肉のコリも関節の噛み合わせの問題も、微妙なことなのでプロの治療家には見つけることができます。

もしあなたがひざの痛みでお困りなら、
「運動をしてもひざの痛みがどうして良くならないの?」
という不安を解消するところから始めてみませんか?

ぜんまい治療院は、整体・鍼灸・姿勢矯正からひざの痛みの改善を目指します。
膝の痛みについてお聞きになりたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

073-425-7370

予約制