JR和歌山駅西口より徒歩3分

和歌山県和歌山市美園町5丁目3-1雑村ビル2階D

073-425-7370 完全予約制

休診日
日曜 / 祝日 / 水曜午後 / 土曜午前
受付時間
午前:9時~12時 / 午後:14時~20時

なぜ?膝の痛みが内側に起こる原因とは?

膝の痛みはその場所によって原因が変わりますが、『内側』が痛むという方は特に多いです。

膝の内側が痛いというと、軟骨がすり減ってO脚という方を想像されるかもしれません。

しかし、膝の変形がない方でも膝の内側に痛みを感じることは多いので変形につながらないように注意が必要です。

今回は、膝の痛みが内側で起こる原因について説明します。

なぜ膝の内側が痛むのか?

 

膝の痛みはなぜ起こるのかというと、膝に負担がかかった状態が続いたからです。(ケガや事故の場合を除く)

膝を支えたり動かす筋肉やスジに必要以上の負荷がかかると、血流が悪くなって疲労が溜まったり傷んでくるところが出てきます。

そうなると膝にかかるバランスも崩れてきます。

膝の痛み,内側

体重のかかり方が内や外、前後で変わってくるので軟骨がすり減ったり、半月板の損傷につながります。

膝の内側が痛むのは、バランスが崩れた状態で運動や仕事などで内側を使った結果です。

膝の内側の痛みも、最初は筋肉がメインの痛みです。

しかし、痛みを我慢していたり、一時的なものだと思って運動や仕事で無理を続けていると膝の痛みをこじらせてしまうことがあります。

炎症が起きたり、軟骨のすり減りから変形が起こったり、水がたまったりなど、痛みが増して治りにくくなってしまいます。

膝の痛み,内側

膝の内側の痛みを改善するには?

 

膝の内側の痛みを改善するには、まず今の膝の状態がどうなっているかを確認することが大切です

炎症が強かったり水が溜まって痛みが強いときは、病院での治療が優先されます。

急性期ではない膝の痛みに対しては、体のバランスや筋肉、関節の動きやすさを高めていくことが必要です。

ぜんまい治療院では、病院とは違った見方で膝の内側の痛みの治療に当たっています。

股関節や足首、腰など膝から離れた関節も考慮して治療を行います。

「膝の痛みが腰や股関節を治療してもらっただけで良くなりましたー!
という感想をいただいています。

内側の膝の痛みがなかなか良くならず、「私の膝の痛みはどこから来ているの?」とお困りなら、どうぞお気軽にご相談ください。

073-425-7370

予約制